120キロ『人間の鎖』反原発 ドイツで10万人

ドイツはすごいですね。

「脱原発」先送りが国民的論議を巻き起こしているドイツで二十四日、市民ら約十万人が「人間の鎖」をつくり、原発に反対の声を上げた。 旧ソ連のチェルノブイリ原発事故から二十六日で二十四年になるのに合わせたデモ。環境団体や教会関係者、脱原発政策を実現させた当時の連立政権を担った社会民主党(SPD)と緑の党・90年同盟などが参加した。

市民らは、同国北部のシュレスウィヒ・ホルシュタイン州の原発所在地であるブルンスビュッテルとクリュメル間の約百二十キロで、反原発のスローガンが書かれた布の両端を握り、たすきを渡すようにして「人間の鎖」をつくり上げた。

ドイツでは二〇二一年までの原発全廃が法制化されているが、メルケル政権がこの「脱原発政策」を転換。代替エネルギーの開発まで、稼働中の原発十七基を延命させる政策を進めている。しかし、世論調査では国民の約六割が延長に反対だ。

高レベル放射性廃物の陸あげ

3月9日、イギリスからの高レベル放射性廃物が六ヶ所村むつ小川原港に到着。ガラス固化体28体が再処理工場に運び込まれました。 これから10年間に約850体のガラス固化体がイギリスから返還されます。

Synthetic Sea (合成の海 ~海に漂うプラスチック~)日本語字幕

ハワイとカリフォルニア州の間に位置する北太平洋中央に漂う海洋ゴミの海域。
詳しくはwikipediaをご覧ください。

「Wikipedia/太平洋ゴミベルト」

この海域にこれだけの海洋ゴミが集まるということは、海に放出された放射能もこの海域に集まるのではないでしょうか。

日本語字幕のついた動画

辺に

HAITI

ブラジルのCaetano VelosoとGilberto Gilが歌う「HAITI」。ブラジルに生きる黒人たちのことを歌いながら、リフレインで「ハイチのことを考えてくれ/ハイチのために祈ってくれ/ハイチはここだ/ハイチはここじゃない」と中南米で最も貧しい国の一つである「ハイチ」に重ね合わせる。

そのハイチが地震でたいへんなことになっている。
http://blogs.denverpost.com/captured/2010/01/13/earthquake-in-haiti/
救援金は下記まで

★救援金の受付>
Web募金(略)→http://alturl.com/dk7g
郵便局・ゆうちょ銀行
口座00110-2-5606
口座名義 日本赤十字社
受付期間〜2月12日(金)
*振替用紙の通信欄に「ハイチ地震」と明記

地震に関しては日本だってうかうかしていられない。
しかもこの国には55基の原発を含め、多くの核施設がある。
世界の震源分布図を見れば日本は真っ黒だ。
Quake_epicenters

NHKでは「MEGAQUAKE/巨大地震」が1月10日から始まった。
2回目は「KOBE 15秒の真実/そのとき地下で何が」
1月17日 午後9:00〜9:49に放送される。
http://www.nhk.or.jp/megaquake/p_schedule.html

これを機に、もう1度原発災害を考えよう。

核に注意しろ!

祝島から

祝島から

先週末瀬戸内播磨灘のカヤック仲間が虹のカヤック隊として現地を漕いでくれました。その時の写真を使って動画を作ってくれています。
バックに流れる曲は内田ボブさんの「女たちの願い」です。かつて’80年代ミクロネシアにアメリカの核基地が造られようとした頃、ミクロネシアの女性から届いたメッセージに曲をつけてつくったものです。祝島のお母さんたち、岩国のお母さんたち、沖縄、六カ所、大間・・・全ての基地、原発現地の女性たちの願いに通じる歌だとおもいます。

09年10月11日 原康司(虹のカヤック隊)インタビュー

ぴ〜すらTV、最近はタカさんのYou Tubeづいてますが、現地の情報として貴重です。
10月7日のブイ設置について、虹のカヤック隊の現状、マスコミからの情報を受け取った全国の人達へのメッセージなどを語ってくれました。

10.3 NO NUKES FESTA/ SAMBA de MinaCAN’Z

NO NUKES FESTA 2009 10.3

玄海原発プルサーマル計画について(鎌仲ひとみ)